Anger Driven Development

備忘録でございます

2016年コミュニティ活動の振り返り

今年参加したコミュニティ

2月 NodeSchoolFukui
4月 NodeSchoolFukui
5月 Kanazawa.rb
6月 NodeSchoolFukui
7月 Kanazawa.rb
8月 Kanazawa.rb
9月 Kanazawa.rb
10月 NodeSchoolFukui
11月 Kanazawa.rb
12月 Kanazawa.rb

NodeSchoolFukui

もくもく会 NodeSchoolをモクモクやる。メンターは2人程度。 以下今年NodeScoolでやったやつ

  • javascripting
  • learnyounode
  • how to npm
  • stream adventure
  • Functional JavaScript
  • Planet Proto
  • Tower of Babel
  • Browserify Adventure
  • ExpressWorks

NodeSchool自体はほんとに軽めのチュートリアルって感じで短いものは15分程度で終わるイメージ。 この会は事前にNodeSchoolやっておいて疑問点を聞くとか、自分でNode.jsとかElectronアプリ作ってわからないところをメンターに聞くっていう形式がオススメ。
自分にとって初めての勉強会で、緊張しながら自己紹介のときに「今こんなの読んでます」って技術書を見せたら、他の方が「なになに?どんなの?」って集まってきたのを今でも覚えてる。
これ!こういう雰囲気を求めてたんですよ!笑
自分にとっては初体験としては良いものになった。
普段会社で話さないので、「◯◯流行ってるけどどう?」「◯◯かなりアツいよね!」とか技術のことについて他の人と話せるっていうのはほんとに楽しい。

Kanazawa.rb

もくもく会or定期的にイベント
+
懇親会
誕生してから4年目になるコミュニティ。
以下各回の一言感想

  • 5月 「はじめてのC☆I」
    CircleCIのハンズオン しかしその後...テスト書くまでには至らず。。。mochaとかのテストフレームワーク使ってテスト環境作ったりしたけど、実際にテストガッツリ書いたりとかは出来てない。。。(そもそもガッツリアプリ作ってない)
    でもテスト駆動開発が実際にどういう風にやるのか体験できた。少なくともテスト駆動開発という概念とCircleCIの使い方は覚えた。テストは来年の課題。

  • 8月 「〜 祝4周年 LT大会 〜」
    人生初LT。技術書の感想。中学生の感想文みたいなLTをぴったり3分で収めた。著者から空リプ来るも日和ってリアクションせず。。。LT、ええな!

  • 9月 「Elastic勉強会 in Kanazawa」
    参加前は名前知ってる程度。事前に情報収集してみるも新しい概念多そうで動かすには至らず。最近社内でデータ分析の機運があるので、Dockerで動かしてみた。社内の動向を見て提案してみる予定。

  • 12月 「年末 LT 大会 & ビアバッシュ!」
    ビアバッシュ楽しい!参加者が多かったのでいろいろな話が聞けた。特にチームや社内の改善の話が自分にとって良かった。自分のネタはAtomのパッケージについて浅い感じで話した。

総評

  • 10/12勉強会に参加した
  • 意外といったやん?
  • そのわりにはアウトプットすくないやん?
  • 強い人が多いけどめげない
  • 過去の自分との絶対評価だいじにしよう
  • 来年はアウトプット意識しよう
  • いろいろあるけど、辛くなったら手を動かそう