Anger Driven Development

備忘録でございます

転職した

転職した

思ったことをつらつらとメモってゆく。

 転職活動における成功を定義する 

転職を成功させる秘訣は目的を明確に定義すること、これに尽きると思う。

仕事の軸は、

  • 内容
  • 給料
  • 人間関係

だと考えている。

これをどう変えるかを明確に定義する。

自分の場合は内容を第一に考え、目標通りの会社に転職できた。

ほかは、給料をX万まで上げる。〇〇さんや〇〇な人たちと一緒に働くなど。

転職の目的やゴールを決めず、なんとなく転職したり、嫌なことから逃げることだけにとらわれて転職しても、次の転職先でも結局同じことで失敗するだろう。

また、設定目標のすべてを満たすことは難しいという心構えを持つ。目的に優先順位をつけ、それを満たすような会社に転職する。

使った転職サイト

  • リクルートエージェント
  • レバテックキャリア
  • Green
  • FindJob
  • Paiza

エンジニア向けの転職サイト・エージェントがあるのでそれを使ったほうが良いと感じた。営業色が強く「とりあえず応募しましょう!」みたいなノリや、技術のことをあまり理解していない業者がいるのも事実。

あとは噂に聞いていた全く転職者のプロフィールを見ていない、一方通行のスカウトメールもあった。会社の評判を下げるだけなのでやめたほうが良いと思う。

市場価値

VisualBasic.NETの市場価値ェ。。。

転職エージェントからは「Web業界だとJavaPHPですよ!」(サーバサイド志望した時の反応)と散々言われた。
市場感(市場で求められるスキル、出ている求人数)に関してはエージェントが言うことは間違いないだろう。

ネット上で盛り上がっている、流行りの技術を使うのは一部ということであり、現実として2017年現在では上記に価値があるということか。

面談のむずかしさ

自分が思った以上に面接官に自分のことが伝わらない。

書類で説明したつもりでも、うまく伝わっていなかったり(忙しくて職務経歴書を読み込む暇もないのかも)、 自分がアピールしたい部分と違う部分を拾われたりして、なかなか言いたいことが伝えきれなかったように思う。

あとはSkype面談なるものを初めて経験した。面談前に音声やカメラのチェックは必須。自分の場合、普段Skypeを使わないので事前に友人と練習した。

じつりき

実力をつけるしかない。技術力、思考力、筋力を身つけてタフに生き残ってゆくしかない。やらなければやられる。これからもやっていく。

以上です。